意味を知って、家を新しく綺麗に!

>

家族にとって最適な選択を

結局、どちらが良いのか

古い家を新しく綺麗に修復するという点で共通しているリフォームとリノベーションですが、検討している人はどちらを選んだ方が良いのか迷うことと思います。
後悔しないためにも、家を変える際に何を一番重視するかを家族で話し合いましょう。

例えば、費用をできる限り抑えたい、工事は手短に終わらせたい、元の家のイメージを変えたくないなどの場合は、リフォームが良いです。
多少予算をオーバーしてもこれまで以上の高性能な家にしたい、段差をなくして全ての部屋をバリアフリーに変えたい、子どもが大きくなったから部屋を増やしたいなどの場合はリノベーションを選ぶべきです。

いずれにしても、今後の暮らしを長い目で見てイメージすることが大切です。

見落としがち!耐久性に気をつける

リフォームやリノベーションを行う上で注意しなければならないのが、家自体の土台は新しくできずに古いままだという点です。
この先長い間住むことを考えると、古いままの部分は耐久性の低さが心配になります。
古い家を購入する際に耐久性には問題がないか、念のため調べてもらいましょう。
また、いつ建てられたのかにもよりますが、昔の家は耐震性がない場合もあります。
これはリノベーションによって対処できるようなので、その工事も考えておくべきです。

それぞれの家族の都合や家の状態によって、どのように修復することがベストなのかが違います。
自分たちに合った家の在り方を見直し、未来を見据えて変えることができれば、きっと理想の家での暮らしが待っているはずです!



TOPへ戻る