意味を知って、家を新しく綺麗に!

>

リフォームとリノベーション

元通り綺麗に

まずリフォームについてですが、日本ではこちらの方が昔から馴染み深い感じがしますね。
それもそのはず、これまで私たちはリフォームをすることで十分満足していたからです。
もっと家を良くしたいと思う人たちの需要がなければ、これ以上の修復は必要ありませんでした。
リフォームより技術面でさらに上をいくのが、リノベーションです。

リフォームとは、家の古くなったところを部分的に修復し、新築と同等の状態まで戻すことです。
そのため、家の性能が新築の時より良くなるわけではありません。
壊れたところを直したり、キッチンや壁紙を替えるなどの比較的小規模な工事であることが多いです。
賃貸物件においてリフォームという言葉が使われる場合は、住人が退去後に、部屋の状態を入居前に戻すことを指します。

より豊かな生活を求めて

次に、リノベーションについてです。
少し前まではやりたいと考える人が少なかったものの、最近では徐々に、リフォームと同様に注目されつつあります。

リノベーションとは、家に手を加えて、新築の時よりさらに良い性能のものに作り変えることです。
間取りや部屋数を替えたり、新たに換気設備を設置するなどと、大規模な工事になることが多いです。

古くなったところだけを部分的に直すリフォームに対して、子どもの増減などのライフスタイルの変化に合わせて、家の性能も変えていくのがリノベーションです。
これからの暮らしを今より便利に、そして快適にしていくための修復と言えます。
なお、家の基本で土台ともなる骨組みや柱は残すので、家の建て替えとは別のものと考えてください。



TOPへ戻る