意味を知って、家を新しく綺麗に!

リフォームとリノベーションその違いはどこ?

意味の違いを紐解く

昔と比べて、最近ではリフォームやリノベーションをする家が増えてきました。
しかし、ヨーロッパなどの外国では、ずいぶん前から一般的なことです。
古い家に歴史的建造物としての価値を見出し、外観は古いまま内装を新しくするということを繰り返して来たのです。
そのように古い建物を大切にする文化が、日本にもようやく広まりつつあると言えます。

これまでは全てが新しいものが良いとされてきましたが、綺麗に修復して家が新しく生まれ変わるのなら、元が古くても新築と大差ありません。
そして新築より、古い家を購入して修復した方が安く済むという点は、大変魅力的です。
そのような点からも、リフォームやリノベーションの人気に火がつきました。

ところで、リフォームとリノベーションは、どう違うのでしょうか。
どちらも、同じような意味で捉えている人がほとんどだと思います。
厳密に言うと、2つの言葉の意味は違います。
けれども驚くことに、それらの言葉の意味ははっきりと定められているわけではなく、非常に曖昧に使われているのが現状です。
そのため、おおよそこのような意味で使われることが多い、という捉方をしなければなりません。
2つの言葉は、家を修復する際の規模や、どの程度まで家の性能を上げるかによって意味が分けられているようです。
これから言葉の意味の違いについて調べていくとともに、それぞれのメリットやデメリットについても比較していきたいと思います。

おすすめリンク


TOPへ戻る